性病から身を守る方法

男性と話す女性医者

性病は誰にとっても恐ろしいもの、可能な限り関わり合いたくないものとなります。
ですが現実として性病に感染してしまっている人は常にいるわけですし、その数もゼロになることはありません。
そのため性的接触をする可能性がある立場にある人なのであれば、性病から身を守る方法を知り、常に実行していく必要があります。

さて、それでは具体的に性病から身を守る方法としては何があるのかというと、まず重要なのは「定期的に検査を受けること」です。
性病はある日突然体の中にウイルスが生まれるものではありませんから、定期検査を受けておくことでパートナーへの感染を防ぐことができ、多くの人が行えばそれだけ原因となるウイルスや菌類を広めることを防げるようになるのです。
同様に重要なのが「コンドームを着用すること」です。
現在見つかっている多くの性病は粘液・血液が接触することによって感染を拡大させるという特徴を持っています。
ですが逆にいえば多くの性病は粘液・血液が接触しなければ感染をしないのですから、コンドームを着用して性器同士の接触を減らせば高い予防効果を期待することが出来るわけです。
子どもを作ることを望んでいるのであればコンドームの着用は出来ませんが、子どもを作ることを目的としていない性的接触の際には常にコンドームを使用することをお勧めします。

また当然のことではありますが、「不特定多数の相手と身体関係を持つ」ことも避けるべきでしょう。
性的接触の回数が増えればそれだけ感染の可能性は高くなりますし、相手が感染の有無を正しく伝えてくれる保証はありません。
性病は自分が予防しようとしなくては意味がありませんので、普段からしっかりと予防していくようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧